最新記事

  • 消費電力モニタリング
    電流センサーとNI DAQ(データ集録デバイス)を使って、LabVIEWで消費電力をモニタリングする事例を紹介します。
  • LabVIEW2024 Q1 リリース
    LabVIEWソフトウェアの最新版「LabVIEW2024 Q1」が2024/01/22にNIからリリースされました。penSUSE 15.5のサポート。パッケージ依存項目の管理。パスクラス、「VIリファレンスを開く」関数の変更。
  • オートメーションテストプラットフォームのご紹介
    FA装置の開発・設計力と試験・計測ソフトウェア技術力を統合。オートメーションテストプラットフォームは、搬送関連技術・メカトロニクスを得意とするテクノアルファ株式会社と計測関連技術・ソフトウェア技術を得意とする株式会社ペリテックが共同開発したシステムです。
  • メーターパネル自動評価システム
    メーターパネル自動評価システムの開発事例を紹介します。自動位置検出機能を持った試験設定アプリケーション。さまざまなパターンの試験が登録可能
  • ネプコン ジャパン2024 出展
    ネプコン ジャパン 2023 展示会のアズビル太信 様のブース内(インターネプコン:E12-15)にペリテックのデモを展示させていただきます。会期:2024年1月24日(水)- 26日(金)。会場:東京ビッグサイト
  • 油圧シリンダー耐久試験機
    油圧シリンダー耐久試験機の開発事例を紹介します。装置に供給する油圧と電流と電圧をプログラム運転で供給して、計測値を記録保存、計測と同時に異常を監視してアラーム表示を行います。
  • 鋼板磁気特性テスター
    トランスに使用される方向性電磁鋼板などの鋼板試料の二次元磁気特性を測定するテスター。Sin波状の磁場で単純な円形に励磁した場合の特性の測定から磁束密度が任意形状になるよう磁場を自動追従させた測定までが可能です。
  • SEMICON Japan2023 展示
    SEMICON Japan 2023 展示会のクロマジャパン様のブース内(小間番号2115)に、ペリテックのデモを展示させていただきます。 会期:2023年12月13日(水)~15日(金) 会場:東京ビッグサイト
  • 2023年 年末年始休業のお知らせ
    (株)ペリテックの2023年末年始休業休業期間:2023年12月29日(金)~2024年1月4日(木)
  • マルチチャンネル電源装置
    自動車バッテリモニタ、ECUテストで開発したマルチチャンネル電源装置を紹介します。最大192chの独立電源で完全電池シミュレート可能
  • ファンクションテスター開発ソリューション
    ピカリング製スイッチとLabVIEWを組み合わせたファンクションテスターのご提案。ピカリング製スイッチ、治具、RIGOL社製電源ユニット、デジタルマルチメーターを採用したファンクションテスターの構成例です。測定物をカスタム治具で簡単に接続できて、複数の測定に流用可能です。
  • EdgeTech+ 2023展示会 出展
    株式会社ペリテックは、EdgeTech+ 2023 展示会のアンドールシステムサポート様のブース内(A-B04)に出展します。会期:2023年11月15日(水)~17日(金)10:00 ~ 17:00。会場:パシフィコ横浜
  • BCI(バルク・カレント・インジェクション)自動試験システム
    BCI(バルク・カレント・インジェクション)試験のシナリオを作成して実行し、ECU動作状態を同期してロギング、自動運転が可能となります。試験結果(CSVファイル)も自動生成することが出来ます。エレナ電子株式会社と弊社ペリテックで協業開発しました。
  • CAN解析ツール EasyCAN
    ペリテックが開発したCAN解析ツールEasyCAN(イージーキャン)を紹介します。CAN解析ツール EasyCANは、NI社製のcRIO-CAN、PCMCIA-CAN、USB-CANを使用した低価格でカスタマイズ可能なCAN解析ツールです。
  • アナログ-CAN変換器 ABeeCAN
    ABeeCAN(エービーキャン)は、アナログ信号データ(温度、電圧、温湿度)をCANデータに変換し、CANバス上へ転送するデバイスです。ペリテックが設計・製造したアナログ-CAN変換器 ABeeCANを紹介します。
  • LabVIEW画面の外部コントロール
    LabVIEWプログラムでインターフェース画面を別のプログラムから制御することで、従来の作成方法よりも簡単に作成する方法を紹介します。
  • FlexRIOとDRAMの使い方
    NI FlexRIOとDRAMを使用した経験から得たFlexRIOとDRAMの特徴と使い方を紹介します。
  • G Web Development SoftwareでのLabVIEW使用方法
    G Web Development SoftwareでLabVIEWを使用して、WEBアプリを作成する方法を紹介します。
  • Pickering製品をLabVIEWで操作
    Pickering(ピカリング インターフェース社)製品をLabVIEWで操作するためのドライバインストール方法を紹介します。
  • Xcontrolの作成方法についての解説
    Xcontrolを使用することでメインVI上にコードを作成することなくひとつの表示器(制御器)として配置することができます。
  • USB2CAN用LabVIEWツールキット 紹介
    USB-CAN変換ケーブル USB2CAN-C(innomaker)に対応した、ペリテックの「USB2CAN用LabVIEWツールキット」を紹介します。
  • PaSoRi用LabVIEWツールキット
    ペリテックの「PaSoRi用LabVIEWツールキット」を紹介します。ソニー製のUSB接続型RFIDリーダーPaSoRi(パソリ)RC-S300対応
  • LabVIEW2023Q3新機能紹介動画 YouTube 公開
    2023年7月18日にリリースされたLabVIEW「LabVIEW2023 Q3」の新機能を紹介動画をYouTubeに公開しました。
  • LabVIEW2023 Q3 新機能
    LabVIEW「LabVIEW2023 Q3」の新機能を紹介します。(2023年8月) ズーム機能、実行ハイライトの速度選択、ラベルの「クイック変更」クイックチェンジパレット機能、ワイヤ配線ダブルクリック完了、VI実行中に全てのインスタンスを検索、ワイヤの新しい視覚フィード、ビルドパフォーマンスが改善、フォントサイズを変更キー変更、JKI Dragonサポート、Appleシリコンサポート
  • LabVIEW2023 Q3 リリース
    LabVIEWソフトウェアの最新版「LabVIEW2023 Q3」が2023/07/18にNIからリリースされました。ブロックダイアグラムのズーム機能追加。ハイライトのアニメーション速度変更機能。アプリケーションビルドのパフォーマンス改善。
  • LabVIEWでRIGOL DSA815 スペクトラム・アナライザからデータ取得
    LabVIEWプログラムを使ってRIGOL DSA815 スペクトラム・アナライザから、データを取得する方法を紹介します。
  • NI-DAQカウンタ紹介
    NI-DAQのカウンタ機能について紹介します。カウンタ種類、基本的な接続方法、NI-DAQカウンタのポイント
  • バッテリー管理システムの自動検査装置:pickering社PXI導入事例
    PXI導入事例:電気自動車(EV)用のバッテリー管理システム(BMS)のコントローラユニットやレスポンダユニットの機能検証の自動化
  • RIGOL DSA875 スペクトラムアナライザからLabVIEWでデータ取得
    RIGOL DSA875 スペクトラムアナライザからLabVIEWプログラムを使って、データを取得した方法を紹介します。DSA815のドライバVIをDSA875に対応させます。
  • 「県庁リボーンフェス」6/25(日)開催|ペリテック出展
    ペリテックは、ぐんま県庁で6/25(日)開催の「県庁リボーンフェス」に、「デジタル技術体験 G7群馬高崎デジタル・技術大臣会合関連展示」として3Dアートやプログラミング体験を出展いたします。
  • RIGOL DSA875-TGとペリテック EMIテスタによる高度な近傍電磁界測定
    RIGOL DSA875-TGスペクトラムアナライザとペリテックのEMIテスタ EMV-100、EMV-200による近傍電磁界測定をご紹介します。
  • 古いNI-Motionコントローラを交換してテスト機器の寿命を延ばす
    NIが2018年に製造中止したモーションコントローラをTENETコントローラに交換することで、互換性を保ったまま新型システム、LabVIEWバージョンアップに対応することができます。
  • PLCとPCベースのモーションコントロールの比較
    モーションコントロールは、大きく分けてPLCとPCベースのコントローラの2種類があります。それぞれの長所と短所を説明し、LabVIEWユーザーがテスト・測定システムのモーションコントロールを検討する際の背景を説明します。
  • Smart Sensing 2023 出展
    ペリテックは、Smart Sensing 2023にて、次世代センサパビリオンブース内(小間番号:E-03-13)に株式会社南陽スペースの出展します。会期:2023年5月31日(水)~6月2日(金)。会場:東京ビッグサイト
  • モーションコントローラーとは?モーションコントロールの基本を理解する
    モーションコントロールの目的は、システム全体のキネマティクス(運動学)を制御しながら、ある場所から別の場所に負荷を移動させることです。 キネマティクスとは、システムの位置、速度、加速度を制御して、望ましい結果を得ることです。
  • RIGOL MSO7054 デジタルオシロスコープからLabVIEWでデータ取得
    RIGOL MSO7054 デジタルオシロスコープからLabVIEWプログラムを使って、データを取得した方法を紹介します。
  • XR技術を用いたシステム開発技術支援
    現実世界を超えて、新たな価値をつくり出す。XR事業のご紹介。XR開発・技術支援はペリテックにおまかせください。MR計測・設計作業支援システム。AR商品説明アプリ。VRトレーニング・人材育成アプリ。AR計測支援システム。
  • VRフルトラッキング技術開発サービス
    当社では、最新の技術を活用してVR空間でフルトラッキングを実現できます。これにより、現実世界での身体の動きをVR空間内で再現することができます。
  • LabVIEW 2023 Q1:コード共有とPython利用の改善
    最新版LabVIEW 2023 Q1で提供されている機能を紹介します。NIの「LabVIEW 2023 Q1:コード共有とPython利用の改善」セミナーの内容を基に記載しています。
  • ロボット遠隔操作システム | モーションキャプチャ ロボットティーチング
    産業用ロボットのティーチング作業や遠隔操作を簡易化するシステムです。モーションキャプチャで高精度な空間情報のロギングを実現し、作業者の動作をロボットがリアルタイムに再現することが可能です 。今まで複雑なティーチング作業を劇的に簡単にすることが可能となります。
  • MR・ARアプリケーション開発支援サービス
    MR(複合現実:Mixed Reality)・AR(拡張現実:Augmented Reality) アプリケーション開発支援サービス。3DCADデータとアニメーションシーケンスを転用し、組立、検査、サービス、運用に関する直感的な作業指示を作成することが可能です。簡単にAR/MR・VRコンテンツが製作可能。
  • 「ぐんま Digital Land」出展
    ぐんまDigital Land(デジタルランド)出展。ペリテック展示:VRフルトラッキング体験/レーシング体験/ロボット操作体験/MR3Dアート体験
  • 「ぐんま Digital Land」3/21開催|ペリテック出展
    「ぐんま Digital Land」にペリテックは出展します。群馬県内外から企業を集めてビジネス創出の機会、子どもや県民向けにデジタル技術を体験できる。2023年3月21日(火・祝)~22日(水) Gメッセ群馬
  • NI PXImcモジュールの使用について
    PXI MultiComputing(PXImc)を使用したLabVIEWプログラムの経験からPXImcモジュールの使用について紹介します。PXImcモジュールとは
  • RF PXIシステムを使ったEMI評価ソリューション利点ポイント
    ペリテックの「PXIシステムを使ったEMI評価ソリューション」プレゼンテーションをスライドで紹介します。利点1:スペクトラムアナライザでは捉えられないノイズが計測可能、利点2:多チャンネル測定、コヒーレンス測定によりノイズ源が特定可能、利点3:PXIを使ってEMCのノイズをコントロールでき、かつ他の測定も同時に行うことができる。
  • LabVIEW2023 リリース
    LabVIEWソフトウェアの最新版「LabVIEW2023 Q1」が2023/02/07にNIからリリースされました。プロジェクト用のNIドライバを識別してインストールするツールが導入。Python 3.10、macOS 13のサポート追加。
  • LabVIEW​2022 Q3 ​今後リリース予定機能
    NI社が公開した「LabVIEW​ロード​マップ」、最新のLabVIW「LabVIEW2022 Q3」における今後の機能追加・アップデート予定を掲載します。 ※このページはNIが公開している「Test Workflow Roadmap」を日本語に翻訳して掲載しています。
  • LabVIEWとPythonの両方を使う
    LabVIEWとPythonを組み合わせ、それぞれの長所を活かすことにより、優れた自動テストシステムを作成することができます。LabVIEWとPythonで得意とするものを使い、既存のプログラムを再利用して、言語間の相互運用を効率的に行う方法です。
  • ネプコン・ジャパン 2023 出展
    ペリテックは、インターネプコン・ジャパン2023に、株式会社南陽のブース内(小間番号:7-18)に出展させていただきます。 会期:2023年01月25日(水)~27日(金) 会場:東京ビッグサイト東展示棟 展示品:EMIテスタ EMV-100
  • 最先端技術で生産性を向上 製造現場でのMixed Reality活用セミナー
    近年注目を集めているXRの一つであるMR(Mixed Reality)を活用した生産性向上のためのセミナーを開催します。 日時:令和5年2月10日(金)、参加費:無料、場所:群馬産業技術センター