最新記事

  • MATLAB/Simulink対応 LabVIEW HILSツールキット
    MATLAB/SimulinkをLabVIEWで実装可能。MATLABでNI社製計測モジュールを使用可能にします。
  • AEセンサ計測解析ツール
    AEセンサで弾性波を検出し、亀裂の発生・進展をリアルタイムで評価。機械の状態をリアルタイムに診断し、異常を検知。欠陥検査、亀裂評価、非破壊検査、摩耗欠損検出、安全状態監視
  • 電界・磁界ブローブ
    EMIテスタに対応した電界プローブ・磁界プローブ・電磁界プローブを紹介します。プローブを交換することで、電界・磁界、計測する周波数特性、垂直、水平、高分解能を切り替えて計測することができます。
  • Smart Sensing2022 出展
    ペリテックは、Smart Sensing2022の株式会社南陽のブース内に出展させていただきます。 会期:2022年6月15日(水)~17日(金) 会場:東京ビッグサイト東展示棟
  • マルチサテライトGPS信号シミュレータ
    GPSテストソリューション。ペリテックのGPS信号シミュレータは、L1信号C/Aコード対応で最大12個のサテライトGPS信号をシミュレート可能です。
  • 振幅確率分布(APD)計測システム
    振幅確率分布(APD)は統計手法の一つであり、信号の時間波形からパワーレベルと時間頻度の関係を一つのグラフで示したものです。 振幅確率分布(APD)計測システムは、ノイズの強さと確率の両方を算出して、スペクトラムアナライザでは捉えることができなかったノイズを測定可能です。
  • 自動列車停止装置試験システム
    自動列車停止装置試験システムは、ATS(Automatic Train Stop,自動列車停止装置)システムなどで車上子との間で情報を送受信するために、地上に設置された装置、地上子(Balise)を試験するためのシステムです。
  • 胃電図計測システムの開発
    LabVIEWを用いてリアルタイムの胃電図計測、胃電図のフィルタ処理、胃電図の特徴量抽出、胃電図信号の時間-周波数解析。トの食品の摂取前後での自律神経機能の詳細な解析、ヒトホルモンやヒトの体動・筋電・呼吸などの影響を分離後、解析を可能
  • 心電図 計測システムの開発
    LabVIEWを用いてリアルタイムの心電図計測、心電図のフィルタ処理、心電図の特徴量抽出、心拍変動の時間-周波数解析。ヒトの食品の摂取前後での自律神経機能の詳細な解析(時間分解能1ms毎の解析)ヒトホルモンやヒトの体動・筋電・呼吸などの影響を分離後解析を可能
  • 車ドア内張り画像試験システム
    自動車ドアの内張りを画像パターンマッチングでの画像試験システム。模様・柄の判定も対応。量産ラインで生地を検査可能。
  • LCDパネルシミュレータ
    LCDパネルシミュレータでドライバICを画像で評価。これまで波形だけを見て評価していた出力信号を画像として表示可能。画像と波形信号をPCで、再現性の高い評価が可能
  • NI製品 校正・キャリブレーションサービス
    ペリテックでは、NI社製品の計測モジュール、システム(PXI、cRIO、cDAQなど)から箱型計測器などの校正・キャリブレーションを承りまわっております。NI社認定の校正手順を使用して測定性能を検証。
  • LabVIEWプログラムのパフォーマンス向上に役立つ技術
    LabVIEWプログラムを開発するあたって、プログラムのパフォーマンスを向上させる方法を紹介します。パフォーマンスの高いプログラムのポイント
  • 試験/計測/制御のオンリーワン企業が提案するソフトウェア開発
    試験/計測/制御のオンリーワン企業ペリテックが提案するソフトウェア開発をスライドで紹介します。計測制御に特化したLabVIEWのオンリーワン企業
  • 建物内音源可視化ソリューションのご提案
    音源可視化機器を用いた建物内異音の音源探索ソリューションをスライドで紹介します。音源可視化機器を用いたマンション居室内異音測定事例を紹介。
  • XR(VR・AR・MR)開発
    ペリテックではVR・MRヘッドセットを使用し、XR技術を用いた計測支援・作業支援、ロボット制御や情報共有システムなどのアプリケーションソフトウエアの開発を承っています。
  • VR・AR・MR開発/技術支援
    ペリテックはVarjo社認定MRパートナーとなっており、豊富な開発経験を活かしVR機(Oculus Quest 2、VIVE Pro)、AR機(エプソンMOVERIO、Nreal)、MR機(HoloLens / HoloLens 2、Magic Leap)とUnityを使用したアプリ開発をご提供しています。
  • LabVIEW基本講座 ハードウェア編
    LabVIEWで、計測システムにおいて基本となるセンサから電気信号の測定、アナログ入力、アナログ出力、デジタル入出力、計測器を制御する通信を行う方法について説明します。
  • VISA LabVIEWプログラミング
    VISA関数を使用したLabVIEWプログラミングについて説明します。VISA関数を使用したLabVIEWプログラミングについて説明します。VISA関数を使用して、計測器と通信してコマンドの送受信によって計測行うプログラムを作成します。
  • LabVIEW 計測器ドライバVI(Agilent 3446X)
    計測器ドライバVIをLabVIEWで使用する方法について説明します。キーサイト・テクノロジーDMM34461Aの計測器ドライバ「Agilent 3446X」を例に説明しています。
  • USB2CAN用LabVIEWツールキット
    USB2CAN用LabVIEWツールキット。USB2CANケーブルでCAN通信をUSB変換してLabVIEWでCANのI/O解析をプログラミング可能です、
  • Agilent 34461AのLabVIEW計測ドライバにおける動作問題について
    LabVIEW計測器ドライバ「Agilent 3446X Series Meter」を使用して、デジタルマルチメーター「Keysight(Agilent) Technologies 34461A」を制御しようとした際に発生した問題について、解決方法を記載します。
  • LabVIEW 計測器ドライバ インストール
    LabVIEW計測器ドライバは、特定の計測器のLabVIEWプログラミングで使用できるVI関数になります。計測器メーカーやサードパーティーがLabVIEW用の計測器ドライバVIを提供している場合、インストールすることでLabVIEW環境で使用できるようになります。
  • VISA関数
    LabVIEWのVISA関数を説明します。VISA関数は、LabVIEWでイーサネット/​LXI、​GPIB、​シリアル、​USB、​PXI、​VXI​計測​器との​制御・通信をプログラムができるVI関数です。
  • CTC社製設備監視用センサー
    CTC社の設備監視用途に特化した加速度/速度センサ―をスライドで紹介します。豊富な種類と高い堅牢性。永久保証。無償校正サービス。
  • NI社データロギング用ソフトFlexLogger
    NI社のデータロギング用ソフトFlexLoggerを紹介します。プログラミングレスで誰でも複合計測を短時間に構成可能。
  • NI社製データ集録機器DAQシリーズのメリット
    NI社製データ集録機器DAQを使用するメリットをスライドで紹介します。NI社製DAQとは?豊富なモジュール。同時転送。複数同期。複数のタイミングエンジン
  • ペリテックだから行える自動計測ソリューション
    ペリテックの自動計測ソリューションをスライドで紹介します。30年以上「試験・計測・制御」に従事し、国外もカバー。4000件以上の豊富な実績と経験
  • LabVIEW導入の3つのメリット
    LabVIEWを導入する3つのメリットをスライドで紹介します。グラフィカルプログラミング、早い開発スピード、様々なモノとつながる高い接続性
  • DMMオンライン展示会 出展
    株式会社ペリテックは、DMMオンライン展示会の「オートモーティブ EXPO ONLINE」「エレクトロニクス EXPO ONLINE」「工場イノベーション EXPO ONLINE」に出展します。会期:2021年12月15日(水)10:00 ~ 2021年12月17日(金)18:00
  • NI MAX VISAテストパネル コマンド送受信
    NI MAXのVISAテストパネルを使って、計測器にコマンドを送信して、応答を受信する方法を説明します。
  • NI MAX VISAテストパネル画面
    NI MAXのVISAテストパネル画面について説明します。VISAテストパネル画面では、PCに接続した計測デバイスの通信制御を行うことができます。本ページでは、VISAテストパネルの画面の一覧を掲載しています。
  • DAQmx LabVIEWプログラミング
    関数パレットからDAQmx関数を使用したプログミングについて説明します。DAQmx関数を選んで、DAQ(データ集録デバイス)と​電圧、​電流などの入力、出力プログラムを作成します。
  • LabVIEWサンプルを検索
    でサンプルを検索する方法を説明します。タスクから選択する方法、キーワード検索、ハードウェアを指定して実行可能なサンプルVIのみ検索する手順を説明します。
  • LabVIEW計測・制御シリーズ 新作動画 公開 2021年11月
    LabVIEWプログラムを作成して計測器を実際に動作させてみるシリーズ第5弾 Tektromnix デジタルオシロスコープ DPO7254CをUSB-GPIBで PCと接続しリモートで制御しました。
  • DAQアシスタント
    LabVIEWのDAQアシスタントを説明します。DAQアシスタントは、Express VIであり、表示されるダイアグラム対話式で構成することで、DAQmxプログラムを構築できます。
  • DAQmx関数
    LabVIEWのDAQmx換関数を説明します。DAQmx関数は、NI社製DAQデバイスのデータ収集、信号発生、設定操作のプログラムができるVI関数です。
  • NIとSEAがOmniAir認定テスト機器(OQTE)ステータスを獲得
    NIとSEAがC-V2XモジュラーベンチテスターおよびC-V2XとDSRCスニファーのOmniAir認定テスト機器(OQTE)ステータスを獲得しました。
  • NI MAXテストパネル カウンタI/O
    NI MAX テストパネルのカウンタI/O画面について説明します。カウンタI/O画面では、入力された信号の電圧立ち下がりエッジの回数をカウントします。
  • NI MAXテストパネル デジタルI/O
    NI MAX テストパネルのデジタルI/O画面について説明します。デジタルI/O画面では、、NI-DAQmxデバイスでデジタルInput/Output(入力/出力)の操作を行って機能を確認することができます。
  • NI MAXテストパネル アナログ出力
    NI MAX テストパネルのアナログ出力画面について説明します。アナログ出力画面では、設定した電圧値のアナログ信号を出力することができます。
  • NI MAXテストパネル アナログ入力
    NI MAX テストパネルのアナログ入力画面について説明します。アナログ入力画面では、入力した信号の電圧値測定を行うことができます。
  • NI MAX
    NI社が提供している計測機器管理アプリケーションNI MAXを説明します。デバイスの管理、設定、簡易テストが行えるアプリケーションです。NI MAXは無償で使用することが可能です。
  • NI DAQ
    DAQとは、Data AcQuisitionの略で、データ集録を意味します。​電圧、​電流、​温度、など​​を記録して​計測​する​プロセスのことです。​NI DAQデバイスはNI社が販売しているDAQ装置です。​
  • ファンクションテスタの実績
    ファンクションテスタの事例紹介 1.医療機器メーカー向けファンクションテスタ 2.自動車メーカー向けECU基板生産検査装置 3.火災報知機メーカー向け火災報知設備用基板検査装置 4.パワー半導体メーカー向けインバータ制御基板検査装置
  • LabVIEW2021 新機能
    新しいLabVIEW「LabVIEW2021」の新機能を紹介します。デザイン変更。新しい関数(MATLAB)(SFTP)(Phyton)。新しい警告。
  • Enjoy!LabVIEW 新作YouTube 公開 2021年8月
    【甘楽町〜富岡製糸場 走行】LabVIEWで走行軌跡と速度算出プログラムを作る・走行算出編 プログラム紹介 をMSEP YouTubeチャンネルにて公開しました。
  • LabVIEW2021 リリース
    LabVIEWソフトウェアの最新版「LabVIEW2021」が2021/08/13にNIからリリースされました。新しいMATLAB関数、Phytonサポートの改善、新しいSFTP、新しいフィルタリング、メニュー
  • 情報処理技術者試験
    ペリテックには情報処理技術者・情報処理安全確保支援士が在職しています。 ペリテックでは、情報処理技術者試験に対して、会社の事業・担当業務の遂行に有効な資格検定として推奨しています。
  • DX(デジタルトランスフォーメーション)​
    DX(Digital Transformation:デジタルトランスフォーメーション)とは、デジタル技術を駆使して、企業経営全体を変革する取り組みのことです。DXの定義、日本におけるDXの取り組みを紹介。