建物内音源可視化ソリューションのご提案

音源可視化機器を用いた建物内異音の音源探索ソリューションをスライドで紹介します。

スライド:音源可視化機器を用いた建物内異音の音源探索ソリューション

音源可視化検討の背景および課題

背景

  • 音源可視化建物内の異音発生源の特定を依頼される場合があり、騒音計や人の聴覚を用いて調査しているが、音源の特定が難しい

課題

  • 騒音計など従来の音響測定機器では、音源が特定できない
  • 人の聴こえ方、感覚にバラツキがあるため、発生個所の特定が難しい

音源可視化の目的

  • 見えない音源を視覚的に特定したい
  • 調査者に依らずに同じ結果を得たい
音源可視化

ペリテックの音源可視化ソリューション

ポータブルサウンドカメラ

いつ鳴るか分からない音を捉える測定に最適

ポータブルサウンドカメラ

ハンディ音響カメラ

リアルタイムでの音源探索に最適

ハンディ音響カメラ

ハンディ超音波カメラ

可聴域~超音波域の音源探索に最適

ハンディ超音波カメラ

ペリテックの音源可視化ソリューション

  • 手持ちで取り扱いやすい音響カメラ
  • タッチパネルモニタ・コントローラ一体型(ハンディ音響カメラ/ハンディ超音波カメラ)
  • シンプルで簡単操作で使えるソフトウェア
  • リアルタイムに音イメージを映像に重ねて表示
  • 瞬間ノイズが検出できる
  • ビームフォーミング技術で音源を高精度に検出

音源可視化機器を用いたマンション居室内異音測定事例

目的

部屋の中で発生している異音の調査

使用設備

音源探査システム リアルタイムポータブルサウンドカメラ SeeSV-S205(株式会社ペリテック)

音源探査システム リアルタイムポータブルサウンドカメラ SeeSV-S205

測定結果例

  • ポータブルサウンドカメラでは、音の強度は<強い>赤~黄~緑~青<弱い>の順です。
  • 時間波形は時間対強度の分布で、異音発生をトリガーにして、発生前1秒間、発生後4秒間の強度を記録
  • スペクトラムは周波数対強度の分布で、正常時のスペクトラムと比較することで、異音の帯域が分かります。
測定結果例

測定データ例

測定データ例

結果

この測定では、設置場所を変えて7日間で合計19回の異音発生を記録し、特定の壁の内側で異音が発生している事が突き止められました。
その後、依頼主にて建物施工時の構造図面より異音発生個所を特定し、対策工事を実施する事になりました。

測定結果

音源可視化ソリューションで得られるメリット

異音対策、評価

  • 音源可視化機器なら、測定条件を同一にしてデータを比較
  • 音源はカメラ画像に重ねて表示

音源探索

  • 音源可視化機器なら、電源ON、数回タッチで測定開始とモニター表示
  • 動画を保存してクライアントへ説明

音源可視化ソリューションの提供形態

製品販売

  • ポータブルサウンドカメラ
  • ハンディ音響カメラ
  • ハンディ超音波カメラ

お試しレンタル

  • ポータブルサウンドカメラ(ノートPCを含む)
  • ハンディ音響カメラ

測定サービス

  • ポータブルサウンドカメラ
  • ハンディ音響カメラ